薬用オーラパール 効果

オーラパールの効果はホワイトニングだけじゃない

薬用オーラパールの成分と働き

人間の歯の表面には、もともと目では確認しにくいとても細かいナノレベルの傷があって、そこにコーヒーやお茶、ワイン等のステイン(色素沈着)汚れや、タバコのヤニなどの付着による汚れが入り込む形で残っていき、それが歯の色の黄ばみの原因になっています。
薬用オーラパールには、「ハイドロキシアパタイト」という成分が配合されており、これの働きによって、歯の表面の細かい傷を修復してくれる効果があります。
毎日の歯磨きにオーラパールを使うと、少しずつ歯の表面にある細かい傷が修復されていくため、歯がつるつるになるという効果とともに、歯の表面にステインなどの沈着汚れが付きにくくなるため、黄ばみの原因を防いでホワイトニング効果が得られる、というのが薬用オーラパールの効果として知られているところです。
実際オーラパールの口コミでも、その使用した感想に「歯の表面ががつるつるになった」という声が、その効果を証明しているといえますね。
また、オーラパールに配合されている「マクロゴール400」という成分の働きには、コーヒーやお茶、ワイン等によるステイン(色素沈着)汚れや、タバコのヤニなどの汚れを除去して、その付着を防ぐ効果がありますから、
オーラパールを使った普段の歯磨き習慣を持つことで「歯に汚れを寄せつけない」効果も得られる、といえます。
トップへ知ってますか、薬用オーラパールは楽天・アマゾンで買うと損なこと。
このように薬用オーラパールのホワイトニング効果はよく注目されていますが、
実はこのほかにも、薬用ハイドロキシアパタイトの働きは、歯の表面のエナメル質を修復してくれる為、
再石灰化によって初期虫歯を修復してくれるという大きな効果も持っていますし、
さらに、オーラパールの特筆すべき効果は「口臭予防効果」と「歯周病予防効果」なのです。

 

口臭予防効果へオーラパールの口臭予防効果へ