オーラパール 白くならない

陶器みたいな白さを求めるなら、歯医者へGO.

オーラパールについてネット検索されているキーワードに、
「オーラパール 白くならない」というのがあります。

 

実際に買って使ってみたけど、思ったように歯が白くならなかった、
というユーザーの人の正直な意見なのかなとも思います。

 

ただし、この意見がオーラパールのホワイトニング効果に対して
どこまで説得力があるのかな、というと、いろいろと確かめてきたい部分もあるんですよね。
その辺について以下に紹介してみます。

歯の白さには個人差がある

そもそも、歯の白さ自体、個人差があります。

 

その人の歯が本来持っている白さというのは、
歯医者へ通院し、丁寧にクリーニング施術して、
歯の表面に付着した汚れを落としたあとに現れる、その歯の色だといえます。

 

真っ白に近い人も中にはいるかもしれませんが、
おそらく多くの人の歯の色は、「乳白色」に近い白なのではないかと思います。

 

これをふまえて、

 

薬用オーラパールを使って歯磨きした人が、
「白くならない」と感じたのであれば、
おそらくその人が頭の中で思い描いていた「白い歯」のレベルにはならなかった、
という風にも考えられます。

 

もし、本当に陶器のような真っ白な歯の色にしたいのであれば、
今すぐ歯科医へいってホワイトニング施術してもらいましょう。
それなりの料金がかかるかもしれませんが、希望に近い「白い歯」になるはずです。

 

歯磨きの仕方と習慣

歯磨きの仕方って、これも個人差がものすごく大きくて、
その磨き方自体もほんとうに千差万別というか、
雑な人はものすごく雑ですし、丁寧な人はものすごく丁寧です。

 

また、歯磨きにかける時間も、人によってかなりの差があります。
歯医者さんによると、1日一回は15分以上磨くのがいいそうです。

 

毎食後歯磨きする人や、コーヒーやワイン等、
歯の白さを意識している人は歯磨きに対する意識もかなり高いですよね。
でも、すべてのひとがそうではない、というのも事実。

 

もうひとつ気をつけたいのが歯ブラシの使い方。
これは私自身も以前そうだったので、気をつけている部分なのですが、

 

「力を入れて歯をこする」という歯ブラシの使い方は、まちがっているんですよね。
歯を擦るんじゃなくて、歯を磨くんです。

 

歯ブラシは、鉛筆を持つように軽くもって、ブラシ部分は歯に優しく当てる程度でよくて、
ブラッシングの圧はそれこそ毛先が広がらないくらいを目安にして、
常に歯ブラシを小刻みに動かして行うのが基本。
しかも、できれば歯1本ずつを磨くのを心がけるくらいの気持ちで磨くのが基本的な
歯ブラシの使い方。

 

以前の私のことなんですが、、ごしごしと歯をこする歯ブラシの使い方をしているときには、
歯の黄ばみが思うようにきれいにならないな、と感じていたことがありました。
歯の表面に、目に見えない小さい傷が「まちがった歯ブラシの使い方のせいで」ついていたんだと思います。

 

歯の表面に付着するステイン汚れは、そういった細かい傷に入り込むので、
歯を擦るという、まちがった歯磨きのたびに、汚れやすい歯にしていたのかもしれないと思っています。

オーラパールは歯の表面の小さい傷を補修し、自然な白さを取り戻す歯磨き

薬用オーラパールの公式ページにも書いてありますが、

 

オーラパールは、歯磨きのたびに、歯垢やステイン汚れを除去するとともに、
歯の表面の小さい傷を補修し、初期虫歯も予防、
自然な白さを取り戻す、という特徴を持った歯磨きです。

 

ですが、「間違った歯ブラシの使い方や歯磨きの仕方・習慣」をしていると、
オーラパールに限らず、いくら効果的な歯磨きを使っても、
本来の歯の白さには、なかなかならないでしょうし、

 

たとえ歯医者さんでホワイトニング施術をして、一時的に歯を真っ白にすることが出来たとしても、
白さを保つメンテナンス作業でもある、毎日の歯磨き習慣が間違ったままであれば、
またしばらくしたら、歯は黄ばんでしまうのではないか、と思います。

 

市販のホワイトニング歯磨き剤も、薬局やドラッグストア、ネットショップを見れば非常にたくさん販売されています。
思い描いた歯の白さにしたいのであれば、ほかのものを試してみるのもいいし、

 

その分お金もかかりますが、歯科医へ通院できるのであれば、
そこでオフィスホワイトニングをすれば、歯は真っ白く出来ると思います。

 

思い描く歯の白さを実現したい場合は、そうすべきだと思います。

 

その上で再度、書いておきます。

 

オーラパールは、毎日の歯磨きで、歯の表面の付着汚れを落とし、
歯の表面のミクロの小さい傷を補修し、自然な白さを取り戻す歯磨きです。

 

オーラパールで、歯を白くしたいと思ったら、それは
自分の歯磨きをもう一度きちんと見直すキッカケにもなると思いますし、

 

歯医者さんでホワイトニングして、すっきりと陶器のような白い歯にしたのなら、
その歯の白さを維持するのにも、毎日のオーラパールの歯磨きは適していると思います。

 

頭の隅にちょっと覚えておくと、いいかなと思います。

 

通販最安値のOraPearl(オーラパール)公式ページを見るOraPearl(オーラパール)公式通信販売ページ

 

 

 

薬用オーラパール【楽天・Amazonで通販すると損!?公式サイトがお得な理由】サイトトップへ